★最安値公式サイトはこちら★

毛穴ケア


メディプラスゲルは敏感肌の方でも使えるような優しい処方なので人気がありますよね。

それなのにネット上で、メディプラスゲルに毒性があるのではないかというような記事を見つけました。

もし本当にメディプラスゲルに毒性があるのであれば大変なことですよね。

 

ここはひとつ、本当に安全に使えるものなのかどうか、成分を検証していかなければなりません。

そこでここでは、メディプラスゲルは本当に安全な成分でできているのかについて検証していきます。

副作用が起きないかどうか確認していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

メディプラスゲルの全成分の危険度を見極め。

メディプラスゲルには70種類以上もの成分が含まれています。

中でも66種類もの美容成分が含まれています。

では、まず全成分と、その安全度について見ていきましょう。

 

成分名 安全度(成分の解説)
 (純度の高い精製水を使用している)
BG (低刺激。保湿と殺菌を行うための成分)
グリセリン  (保湿成分で非常に保湿力が高い)
ベタインNEW!  (保湿成分。サトウダイコンから取れる)
ジグリセリンNEW!  (保湿成分。食品添加物として使われることも)
温泉水  (美肌の湯として知られる玉造温泉からくみ上げた水を使用)
1,2-ヘキサンジオール (保湿成分。殺菌も可能)
メチルグルセス-10NEW!  (保湿成分。天然の保湿因子に似ている。乳化剤としても使用)
グリコシルトレハロース (保湿成分。トウモロコシ由来。肌に膜を作る)
スクワラン (保湿成分。サメの肝油由来。もともと肌にも含まれる)
アボカド油 (保湿成分。肌荒れを予防し、コラーゲンの生成を促す)
カルボマー (ポリマー。保水力の高さで重宝される。肌に吸収されない)
加水分解水添デンプン (保湿成分。デンプン由来。炎症を抑える効果も持つ)
水酸化K (肌を柔軟にする成分。使いすぎなければ問題はない)
トコフェロール (ビタミンE。肌を強くする栄養素)
アラントイン  (代謝を促進する。炎症や色素沈着の予防にも)
グリチルリチン酸2K (抗炎症作用と抗アレルギー作用を持つ。肌荒れ予防になる)
加水分解シルク (保湿成分。シルク由来。代謝を促進する)
PCA-Na (保湿成分。角質層に含まれる。肌を柔らかくする効果あり)
グリシン (アミノ酸の一種。保湿効果があり、毛穴、キメにも効果あり)
タウリン (アミノ酸の一種。肌の健康を維持する成分)
ヨーロッパブナ芽エキス (保湿効果あり。肌のキメを整えハリ感アップ)
カワラヨモギ花エキス (肌荒れ予防効果。抗炎症、抗アレルギー効果あり)
アルカリゲネス産生多糖体 (高価な成分として知られる。肌の水分バランスを整える効果が)
3-O-エチルアスコルビン酸NEW! (安全性が高い。ビタミンC誘導体であり浸透力が高い)
リシンHCl (アミノ酸の一種。肌荒れを予防し、肌を柔らかくする効果あり)
グルタミン酸 (タンパク質の成分。肌を保護する働きをもつ)
ロイシン (アミノ酸の一種。保湿効果あり。肌を柔軟にする成分)
ヒスチジンHCl  (アミノ酸の一種。肌を刺激から守る成分)
セリン (アミノ酸の一種。肌の表面で水分を保持する働きを持つ)
バリン (アミノ酸の一種。肌のハリを保つ成分)
クコ果実エキス (抗酸化作用があり、しわやたるみを防ぐ効果を持つ)
ビフィズス菌培養溶解質 (肌に直接働きかけることで、肌の保水力アップ)
アスパラギン酸Na (アミノ酸の一種。新しい細胞生成を促進する成分)
トレオニン (アミノ酸の一種。保水力のとても高い成分)
アラニン (アミノ酸の一種。水分を保って、肌のうるおいを守る働きを持つ)
イソロイシン (アミノ酸の一種。肌を正常な状態に保とうとする働きを持つ)
セイヨウトチノキ種子エキス (血行を良くし代謝を促す効果あり。紫外線から肌を守る働きを持つ)
オニイチゴ根エキス (肌を保湿するとともに引き締める効果も持つ)
プラセンタエキス (肌の代謝や細胞生成を促進する。マリンプラセンタ使用)
フェニルアラニン (アミノ酸の一種。肌にハリやうるおいを与える働きがある)
オウゴン根エキス (肌を引き締める成分。高いアンチエイジング効果がある)
ラウロイルラクチレートNaNEW! (界面活性剤であるが自然由来で低刺激。セラミドの効果を高める)
加水分解ヒアルロン酸 (ヒアルロン酸の中でも分子が小さい。水分保持力が高い)
アセチルヒアルロン酸Na (スーパーヒアルロン酸と呼ばれ、保水力は2倍とも言われる)
ヒアルロン酸Na (分子が大きいため、うるおって肌の表面を保護してくれる)
アルギニン (アミノ酸の一種。肌の代謝促進の効果あり)
プロリン (アミノ酸の一種。コラーゲン生成を促進することでシミやシワにも効果あり)
ノイバラ果実エキス (肌荒れの予防や保湿効果のある成分)
ナツメ果実エキス (肌を活性させ、保湿に効果あり。消炎効果も持つ)
カンゾウ根エキス (ホワイトニング効果と消炎効果がある)
チロシン (アミノ酸の一種。肌の細胞生成を促進する成分)
オタネニンジン根エキス (肌の代謝を促進する成分。シワや血行改善にも効果あり)
クズ根エキス (葛根湯の原料として知られる成分。血行促進や肌を紫外線から守る効果あり)
マヨラナ葉エキス (肌の代謝を促す。保湿効果もあり)
セイヨウシロヤナギ樹皮エキス (消炎作用にすぐれているので、ニキビの治療にも用いられている)
加水分解エラスチン (コラーゲンの浸透力や効果をアップさせる成分)
イノシン酸2Na (アミノ酸の一種。肌にうるおいを与える成分)
グアニル酸2Na (アミノ酸の一種。高い保湿効果を持つ)
ワイルドタイムエキス (肌を正常な状態に整えてくれる成分。保湿効果あり)
アロエベラ葉エキス (炎症を抑え、殺菌効果もある。高い保湿効果あり)
クロレラエキス (肌を活性化させる成分。アンチエイジング効果がある)
セラミドNP (保湿力が高い成分である。もともとはセラミド3と呼ばれていたもの)
加水分解コラーゲン (浸透力の高いコラーゲンである。保湿効果や肌を柔軟にする効果もある)
セラミドAP (保湿効果、代謝促進効果がある。もともとはセラミド6Ⅱと呼ばれていたもの)
フィトスフィンゴシン (セラミドの前駆体であり、セラミドより高い浸透力を持つ)
コレステロール (肌のうるおいを保つ。肌の表面を保護する効果がある)
キサンタンガム (化粧品の安定剤として使われるが安全性は高い。肌の表面を守る効果もあり)
水溶性コラーゲン (肌の水分を保持することで表面を守る効果が。コラーゲンを酵素で溶かしている)
クエン酸NEW! (酸化防止材として使われている。肌のキメも整える)
アーチチョーク葉エキス (毛穴やキメを整える効果がある。色素沈着を予防する力あり)
クエン酸NaNEW!  (酸化防止剤として使用。保湿効果も持っている)
セラミドEOP (保湿、肌を守る効果のある成分。もともとはセラミド1と呼ばれていたもの)

メディプラスゲルの毒性って?危険なのか成分を分析した結果

メディプラスゲルに毒性があるのではないかという記事をネットで見かけたのですが、これはどういうことなのでしょうか。

詳しく確認してみると、その言い分としては、カルポマーという肌に良くない成分があり、それがメディプラスゲルにも配合されているからということのようです。

 

その情報の通り、もしメディプラスゲルに毒性があれば大変なことですよね。

まずはカルポマーについて調査してみましたよ。

 

カルボマーの毒性情報は根拠のない情報だった

そもそもカルポマーとは何でしょうか。

カルポマーというのは、合成ポリマーの一つです。

とろみをつけるための「増粘剤」としての働きがあります。

このカルポマーにはよくない噂があります。

 

例えば、皮膚呼吸を妨げる成分であるというものであったり。

また、肌を乾燥させるのでシミやたるみの原因となってしまうというものであったり。

はたまた、もともといる肌の常在菌に悪い影響を与えてしまうであったり、しわの原因になるであったり。

これらのうわさについて、いろいろ調査してみたのですが、どうも間違った情報のようです。

 

カルポマーの安全性については、動物実験はもちろん人に対しての実験でも問題ないとされています。

複数回にわたって実験を行っているにもかかわらず、一度も問題になったことがないのですから、安全ということですよね。

刺激やアレルギーもない成分であることが分かっているのに、カルポマーについては人を不安にさせるような間違った情報だけが独り歩きしてしまっていたようです。

 

カルポマーに毒性がないということ、イコールメディプラスゲルに毒性がないということがお分かりいただけましたでしょうか。

 

カルボマーよりも肌と相性の良いヒアルロン酸に変更されている

結局カルポマーには何の毒性もなく、肌に刺激を与えることがないものでした。

アレルギーを起こすもとになることもなく、非常に安全な成分です。

メディプラスゲルではゲル化剤として使用されてきました。

 

しかし。2017年の11月、メディプラスゲルの商品改良に伴って、配合量を少なくしています。

実際に毒性はなくても、不安に思う消費者の声を即反映させた結果ともいえます。

そして、カルポマーの代わりに、同じようなゲル化剤としての働きを持つ成分として、「ヒアルロン酸Na」の配合の割合を高くしました。

 

ヒアルロン酸Naであれば、もともとは人間の皮膚に備わっている成分であるため、より肌なじみが良いですものね。

そして、カルポマーよりさらに低刺激の成分であるので、敏感肌の人にとってはより安心できる商品となりました。

 

配合成分の中で副作用の危険性がある成分はある?

それではもう一度話を成分一覧に戻してみましょう。

成分一覧で確認したところ、自然に由来した成分が多いんですよね。

例えば、オウゴンエキスやオタネニンジンエキス、アロエベラ葉エキスといったものは、植物に由来するエキスです。

 

グリチルリチン酸2Kも甘草という植物から抽出されています。

植物由来のエキスが多く配合されているのは、やはり安全性が高いからですよね。

これならば安心できますね。

 

メディプラスゲルは植物成分由来なので副作用の心配なし

気になる副作用についてですが、メディプラスゲルに副作用が懸念されるような成分は入っていませんでした。

あえて言うのであれば、コラーゲンやプラセンタはサプリメントとして飲む分については副作用の可能性はあります。

 

しかし、メディプラスゲルはあくまでも肌表面に塗るものなので、副作用が起きるということはほぼありません。

ただし、お肌に合う合わないは個人差があります。

場合によってはコラーゲンやプラセンタでニキビが出来る人もいますので、そこだけは気を付けておいた方がいいかもしれませんね。

 

皮膚科医のパッチテスト済み。ベビーテストにもクリアしています

メディプラスゲルが信頼できる商品であるということは、皮膚科や美容クリニックでメディカルコスメとして使用されているところからもわかっていただけると思います。

メディカルコスメということは、皮膚科医がテストし、しっかりクリアしたことを意味しています。

 

実際に赤ちゃんに使うかどうかは別にしても、赤ちゃんでも使える品質であることを証明するベビーテストもパスしているようです。

肌に良い成分を多く配合している充実したゲルですし、植物由来のものが多いので安心感が高いですよね。

それでも不安に思うことがあれば、サポートセンターに問い合わせてもよいかもしれません。

 

電話でもメールでも問い合わせが出来、営業日であれば回答も速いようですよ。

使用中にもし肌トラブルが起きても、即対応してもらえるので安心できますね。

 

メディプラスゲルの副作用が気になるときの使い方・注意点

メディプラスゲルを使うことで副作用が起きてしまうということはないに等しいと思ってもらってよいかと思いますが、それは使い方を誤っていないという前提の下での話です。

間違った使い方をしてしまうと、肌トラブルに発展したり、効果がイマイチ感じられないということもあるかもしれません。

そうならないための注意点についてお話させていただきますね。

 

まずは付属のサンプルでパッチテスト

もともと敏感肌で、不安を抱えていらっしゃる方であれば特に、まずパッチテストを行うことをお勧めします。

メディプラスゲルでは、現品を使わなくてもいいように、商品と一緒にサンプルを同梱してくれています。

商品を開封する前に、最初にそのサンプルをパッチテストに使いましょう。

 

パッチテストの手順について説明しておきますね。

まずはサンプルの少量を二の腕の内側に塗ります。

そしてそのまま放置しておいて、その後そこに赤みやかゆみなどの異変がないかをチェックしておきます。

直射日光が当たることで赤みや腫れ、かゆみといった症状が起こる場合もあります。

 

それも想定したうえでパッチテストを行えれば良いですね。

もし異変が表れていたなら、その部分をしっかり洗い流し、それ以上は使用しないようにしましょう。

 

きちんと結果を出すためには使い方に注意

また、パッチテストをクリアしたからと言って、安心していてはいけません。

間違った使い方のせいで肌トラブルが起きる可能性もあります。

メディプラスゲルを使う際は顔にこすって塗り込むのは避けましょう。

 

もともとお肌がデリケートな方であれば特に、摩擦によって肌にダメージを与えてしまうからです。

こすらないように塗るためには、まず手のひらにゲルを厚く伸ばしておいて、それをそのまま顔に置くようなイメージで伸ばしていくようにしましょう。

 

  1. 最初は顔の中央から塗り始めます。
  2. そして力を加えないように注意しながら外側に伸ばしていきます。
  3. もう一度中央に戻した手を額やあごまでゆっくり運んでいきます。

 

この時もあくまでもこするのではなく、手でプレスしながら伸ばすイメージです。

 

アレルギーのある方は要注意

メディプラスゲルは敏感肌の方でも安心して使えるような無添加へのこだわりの強いアイテムです。

ただし、もともとアレルギーを持っているという方はもう一度全成分を良く見直してみてください。

ご自身のアレルゲンとなる成分は入っていませんか。

 

確かにメディプラスゲルはアレルギーテストをクリアしていますが、アレルギーについては、全ての人に対して絶対大丈夫とは言い切れないものですよね。

もともとアレルギー体質でいらっしゃる方は、使用前に念のためにかかりつけ医に相談した方が良いかもしれません。

 

購入したら保管方法には気をつける

これは意外に盲点かもしれません。

メディプラスゲルをどこに置いておくかによっても、肌トラブルが起きる可能性が変わってきます。

洗面所に置いておくという方が一番多いかもしれませんが、極端に高温になったり、低温になったり、直射日光が当たるようなところに置いてしまうと、成分が変質してしまうことがあります。

 

成分が変質した場合、肌荒れなど副作用が起こってしまう可能性が非常に高くなります。

お風呂場の中に入れておくというのも避けた方が無難かもしれませんね。

どこで保管するかも大事なポイントになりますので、気を付けるようにしてくださいね。

 

肌に異常があるところには使わない

メディプラスゲルによって肌に刺激を感じるということは少ないかもしれません。

それでももし、肌に異常を感じるような事態が起これば、すぐに使用を中止してください。

 

肌荒れをしている部分に塗ってしまうとしみる可能性は高まります。

肌に傷がある場合、出血があったり、炎症が起きていたりする場合は、使用を控えましょう。

 

まとめ

メディプラスゲルの全成分を確認してみたところ、副作用が起きるような成分は含まれていませんでした。

カルポマーについて、毒性があるという根も葉もないうわさはありましたが、メディプラスゲルでは消費者に安心してもらうべく、商品をリニューアルして、カルポマーの配合をぐっと減らす処方に変更しています。

メディプラスゲルに配合されている多くの成分が、植物に由来したものとなり、安全性に配慮したものとなっています。

 

それもそのはず、皮膚科医がテスト済みであるメディカルコスメだからなんですね。

ベビーテストもクリアしています。

それでも、アレルギーをお持ちの方に関しては、必ず全成分を確認したうえで、実際に使っても問題ないか、サンプルを使ってパッチテストを行って下さいね。

敏感肌の方も、そこまで敏感でもないけれども不安に思っている方も、パッチテストを行うことをお勧めします。

 

また、使用時にはこすらず、手のひらに厚く伸ばしたものをプレスしながら置いていくイメージで伸ばしていってくださいね。

肌荒れや傷などがあれば、使用しないようにしましょう。

高温、低温にならない、直射日光が当たらないところにメディプラスゲルを置いておくようにしてください。

そして、もし、使用中に肌トラブルが起きればメディプラスゲルのサポートセンターに相談してみましょう。

サポート体制がしっかりしていますので、不安に感じたこと、疑問に思ったこと、なんでも相談出来ますよ。

メディプラスゲルは自然由来の成分にこだわった、安心処方のオールインワンゲルです。

 

これ一つで乾燥対策、エイジング対策が出来ますので、シンプルでお手入れが楽ですよね。

そして、もしトラブルが起きてしまっても、定期コースであれば、商品が届いてから30日以内であれば全額返金してもらえるという心強い制度もあります。

敏感肌の方も安心して使い始めることが出来そうですね。

メディプラスゲルでの充実のシンプルケア、ぜひ体験してみてくださいね。